冥王星の公転周期の音楽と映像(Pluto.mp4)

冥王星の公転周期は、247.7406624年で、その周期を耳に聴こえる音の周波数までオクターブ高くすると(ドレミで言えば低いドと高いドの関係)、音程がD=140.64 Hz、テンポが65.9 bpmになります。

247.7406624 年(90487.27693 日)
1/(90487.27693*24*60*60)*2の40乗=140.64 Hz
1/(90487.27693*24*60)*2の33乗=65.9 bpm
この周波数にギター、ベース、シンセサイザーを調律し、このテンポで演奏しました。

3拍子を基本に、カルタールというインド北西部ラジャスタンのパーカッションを使い、右手で4、左手で3のリズムを同時に演奏しています。(4と3のポリリズム)
そして途中で、右手で3、左手で2のリズムを同時に演奏し(3と2のポリリズム)リズムを変えていますが、それも65.9 bpmの3拍子に収まるように演奏しています。

冥王星のシンボルは、冥界、光と闇、生と死などを象徴します。
そのような2つの違うものが同時に存在するイメージで、ポリリズムで演奏しました。

映像は、冥王星の内部へ入っていくようなスピリチュアルなイメージで、光と闇を繰り返しながら、奥深くへ、そして新しい世界が開け、また新たな世界へ入っていくようなイメージで作りました。光と闇を繰り返し、生と死を繰り返すように。

そんな冥王星の象徴を感じながら、映像と音楽をお楽しみいただけましたら幸いです。

※下記リンクにて、映像を見ることができます。
https://youtu.be/6Q6pKBv_Iac

音楽だけ欲しい方は下記リンクからご購入いただけます。
https://www.satoru.info/items/19886902

お楽しみいただけましたら幸いです☆

¥ 2,160

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(340629204 バイト)

通報する